長めの話を置いています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
クヅカ1
 じいちゃんの家は広くて、広い庭があって、でかい猫がその縁側で眠りこけていた。庭には柿の木とかビワの木とか、これまたでかい木が五本くらい植えてあって、そこに張り付いた蝉が絶え間なく鳴き続けている。庭の囲いの向こう側に山が見える。濃い緑だ。ここから十分も歩かずにその山のふもとまでたどり着ける。周りには家よりも田んぼや畑のほうが多くて、ビルやマンションとか、三階建て以上の建物はこの辺りでは見かけなかった。じいちゃんの家は母さんの田舎で、ここは田舎らしい田舎だった。
 僕と真由は夏休みで、父さんと母さんもお盆休みで、そんなわけで僕ら一家はじいちゃんの家に遊びに来ていた。夕方と呼ぶよりも少しだけ早い時間、僕は縁側に寝そべって、板張りの冷たさを味わっていた。でかい猫は頭の方向にいる。白猫だから「シロ」と名付けるのは定番で、田舎くさくて、それだけで何となくのんびりした気分になる。奥の部屋から生ぬるい風が吹いてくる。古い扇風機があたたまった空気をかき混ぜていて、蝉がうるさくて、縁側が冷たくて、だから僕はだらだらと眠ったり、うとうとと眠りかけたりしていた。やる気なく「シロ」と呼びかけると、彼もだらだらと一回だけ尻尾を振った。
 みしみしという足音が二人分聞こえて、そのテンポと音の加減でじいちゃんと真由だとわかった。けれど僕は少しばかり面倒くさく思って、眠りかけのぼんやりとした感触に浸ったままでいた。
 じいちゃんは庭に降りて草木に水をやり始めた。真由は僕のそばにぺたんと座って、少しぼーっとして、それから僕の頭をぐりぐり撫でた。僕はだらだらしたまま動かずにいて、真由はしばらく撫でていたけれど、そのうちに飽きて、持ってきたゲームボーイアドバンスをてれてれやった。真由はそれにもまた飽きて、最後にシロの耳とかしっぽとかで遊んだ。シロは迷惑そうにしながらも、ずっと遊ばれてやっていた。よくできた猫だと思う。
 水をまき終えたじいちゃんは、台所に行ってスイカを切って持ってきてくれた。さすがに僕も起き上がって、出されたスイカにかぶりつく。父さんと母さんとばあちゃんは親戚の家に挨拶に行っていて、そのまま今夜の宴会の準備をしているらしい。スイカを食べている間も、真由はシロを撫でたりいじったりしていた。夕方ごろ、宴会の準備ができたという母さんからの電話で、ようやくシロは開放された。


 僕の隣で真由は眠たそうだった。真由はわりと人見知りするほうだから疲れたのかもしれない。窓の外は暗くて、上を向くとちゃんと灯りがあるのが見えるけれど、僕が普段目にしているのとは全然違っていた。車のライトがないとほんの少し先も見えなかった。
 僕と真由は後部座席にいて、じいちゃんが運転して、ばあちゃんがその隣でニコニコしている。じいちゃんもばあちゃんも元から笑ったような顔立ちの人だった。真由はわりとじいちゃんに懐いていて、ときどきばあちゃんが少しだけさみしそうな顔をする。僕はどちらかというとばあちゃんといるほうが居心地よくて、それで何となくバランスが取れているのかなと思う。
 父さんと母さんはまだ親戚の宴会に付き合っている。僕は刺身とか焼肉とか三ツ矢サイダーとかを食べたり飲んだりして、親戚の酒くさいおじさんやおばさんに話しかけられて、「大きなったなぁ」と何度も言われて、真由は人見知りでじいちゃんにべったりで、退屈してたらちょうどいいタイミングでじいちゃんに呼びかけられて、じいちゃんの運転する車で先に帰ることになった。
 じいちゃんの家の前に着いたときには、真由はもう眠り込んでいた。体の力が抜けてぐにゃぐにゃだった。むにゃむにゃいう真由を抱えるように車のドアの近くまで引っ張ってくると、じいちゃんがドアを開けて、真由をひょいと抱き上げた。じいちゃんのにおいとか感触とかを憶えていたのか、真由はゆるい顔になってじいちゃんの首に腕を巻きつけた。かわいい孫にそんなふうにされて、じいちゃんの顔もゆるむ。ばあちゃんは「あらあら」と言いながらも、少しうらやましそうだった。
 真由を布団まで運んだあと、「さすがに疲れた」とじいちゃんは言って、すぐに自分の寝室に引っ込んでしまった。ばあちゃんは居間で自分と僕の分の麦茶を出して、「美味しかったかい?」とか「憶えてた人いる?」とか、そんな何でもないことを聞いた。僕はテレビを見ながら、「うん」とか「あんまり」とか答えた。ばあちゃんも疲れてたらしく、しばらくするとあくびをもらして、「あんまり遅くまで起きてちゃだめよ」と言ってから寝室に向かった。
 昼間寝てたせいか、全然眠たくならなかった。黒くてくっきりとした柱時計に目をやると、まだ九時前。父さんと母さんは、今日は親戚の家に泊まるのかもしれない。九時を過ぎると見たいテレビがなくなった。ドラマとか映画とかばっかで、クイズとかバラエティーとかはやってなかった。ゲームでもやろうかなと立ち上がって、真由と僕の部屋に行こうとしたとき、ふと、居間の入り口の脇に置いてある電話と、その隣にある懐中電灯が目に入った。
 僕は立ち止まって少し考える。もう一度時計を見る。九時十二分。電話をかけてもまだぎりぎり大丈夫な気がした。手書きの電話帳からクヅカを探す。「玖塚」という名前があって、たぶんこれだと思った。一度深呼吸をしてから受話器を上げた。番号を押して、どきどきしながら待った。
「はい、玖塚でございます」
 女の人が出た。クヅカよりもずっと年上の、落ち着いた感じの声だった。たぶん、クヅカのお母さんだ。
「もしもし、中島といいますけども」
 焦って少し早口になっていた。心臓がバクバクいっていた。もっとかっこいい名前だったらな、と、ちらりと思う。それから、クヅカの下の名前を思い出そうとした。確か「ミ」ではじまる……。ミズキじゃなくてミナコじゃなくて……。「えーと」を三回くらい繰り返してからやっと出てきた。
「ミサコさん、いますか?」
 クヅカミサコは僕よりも二つ年上の女の子だ。
「……え……ええ、ちょっと待ってね」
 クヅカのお母さんは一瞬驚いたみたいだった。僕は「はい」と頷いて、流れてくるオルゴールみたいな音楽を聞きながらしばらく待った。九時十六分。
「もしもし、タカヒコくん?」
 九時二十三分を過ぎたころに、ようやくクヅカのゆるゆるとした声が聞こえてきた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。