長めの話を置いています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スペース3
「ご飯、食べてく?」
 渡会がシャーペンの先でヨコの18を突付きながら聞いた。
「よければ。……それ、矢田亜希子。ヨコの18」
「ん、オッケー。サンキュ」
 渡会は升目にヤダアキコと書いて、立ち上がった。
「手伝うこと、ある?」
「んー……、特にないかな」
「そう?」
「うん。じゃあちょっと待ってて」
「手伝うことあったら言って」
「うん」
 渡会は部屋を出る。ほどなくして階段を下りる音が聞こえてくる。渡会の家に来たときは、大抵晩御飯を一緒に食べる。渡会が料理するときもあれば、わたしが材料を買ってきて作るときもあった。あまり二人で台所に立つことはしない。それは、見られていると何となく落ち着かない気分になるからで、確認はしてないけれど、渡会もそうなのだろうと勝手に思っている。
 立ち上がって窓際に向かう。少しだけ開けてある窓に指を引っ掛けてカラカラと開けた。カーテンが揺れる。生ぬるい風。窓から地面を見下ろす。埃っぽい乾いたアスファルト。中途半端な時間だからか、誰も通らない。誰もいない。わたしはポケットから携帯を取り出し、自宅に掛けた。電話に出た母に、夕飯は渡会のところで食べるので自分のは作らなくていい、と告げる。母は頷いたあと、「あんまり迷惑掛けちゃだめよ」とだけ言った。何度も交わしてきたやりとりだ。
 普段は口うるさい母だけど、わたしの友人関係については昔から口出しをしてこなかった。興味がないのか、それとも口出しすべきでないと考えているのか。母は今の渡会の状況も知っているはずだけれど、詮索してくることもなく、そのことは何気に嬉しく感じていた。もしかしたらわたしは親に恵まれているのかもしれないとふと思い、苦笑のようなものが浮かんだ。渡会に対して申し訳ないような、でもそう思うのも何となく嫌な気がして、自分でもよくわからないもやもやとした気分になる。渡会は自分の親のことをどう思っているのだろう。もし自分だったらと想像し掛け、苦いものを感じて、やめた。
 ついでにメールチェックをすると二件入っていて、どちらも雑談メールだった。すぐに返信しなくてはいけないようなものでもなかったので、また暇なときにでも返すことにして、携帯を折り畳みポケットに仕舞った。
 渡会が仕事を辞めたことを知ったのも、友人からのメールだった。ガソリンスタンドで働き出す前のことで、彼女はアクセサリーか何かの店で売り子をしていた。彼女の弟のことを知り心配になったという子が、ある日覗いてみたらもう辞めていたそうだ。また聞きの話で、情報元になった子は、渡会とはそんなに親しくなかったはずだ。
 興味本位を心配にすり替える人間がいる。少なくないだろう。全部を否定するわけではないけれど、「心配して」という人達の幾人かが、渡会が仕事を辞める原因の一つになったのは確かなことだと思う。渡会は携帯電話を持たなくなった。
 わたしはそうじゃないと、興味本位を心配にすり替える人間じゃないと、そう言い切れないのがたまらなく嫌だった。覗きに行った子にも悪気があったわけではないのだと思う。わたしは積極的にそうしようとは思わないけれど、もし相手が渡会じゃなくあまり知らない人で、誰かに誘われたりしたのなら、軽い罪悪感を抱きながらもそれに付き合っていたんじゃないだろうか。
 苦い思いを、ため息として吐き出した。
「できたよー。下りてきて」
 階段の下から渡会の呼ぶ声が聞こえた。明るいお気楽な声。エプロン姿でおたま片手に階段下から二階を見上げる渡会の姿を何となく想像した。勝手に想像した漫画のような一コマに、つい口元がゆるむ。わたしは自分の頬を軽くはたき、憂鬱な気分を払いのける。「あいよ」と返事して、カラカラと窓を元の位置に戻してから部屋を出た。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。