長めの話を置いています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
クヅカ6
 懐中電灯の光を当てると、クヅカは一瞬遅れて目を細めた。
「まぶしい」
「うん」
「……うんじゃなくて、まぶしいよ?」
 僕は手首をだらんとさせてクヅカの足元を照らした。クヅカは橋の入り口のところにいて、クーラーボックスの上に座っていた。水色のクーラーボックス。釣りに行くときにクヅカがいつも持ち歩いているやつで、僕はそれを見て、何故だかわからないけれどふっと力が抜けた。
 クーラーボックスの横にはクヅカの懐中電灯があって、その光がクヅカを下から照らしている。クヅカはいつものへろへろのシャツじゃなく、真由がよく着ているような白っぽいワンピースを着ていた。肩が出てる袖なしのやつで、その肩に水着の日焼けの跡があって、それが何だかエロい気がした。
「座る?」
 クヅカはそう言ってクーラーボックスの上を半分空ける。
「うん」
 僕は懐中電灯を置いて、その半分に腰を下ろした。クーラーボックスは二人で座るには少しばかり狭くて、ぴたっとクヅカの肩が僕の肩にくっつく。クヅカの肩はひんやりと冷たくて、僕は思わずクヅカの横顔を見つめた。
「ん? 何?」
 クヅカは僕のほうを向き、軽く首を傾けながら微笑む。
「……クヅカ、なんかエロい」
 僕が誤魔化してそう言うと、クヅカはびっくりしたような顔になる。
「……エロい?」
「うん、エロい」
「……エロくないよ」
 クヅカは口を尖らせながら自分の肩をさすった。
「クヅカ、エロい」
「エロくないよ、もう」
 クヅカはそう言いながら僕の肩をゲンコツで軽く殴る。
「たっ」
 僕もクヅカの肩を同じように殴り返した。
「痛いって。……あ、ごめん、ちょっと立って」
 クヅカは立ち上がりながら言う。
「えー」
「いいから立って」
 クヅカは僕のシャツのすそをつかんで引っ張った。仕方なく立ち上がると、クヅカはしゃがんで、椅子にしていたクーラーボックスを開けた。クヅカの背中越しに覗き込むと、中には氷と三ツ矢サイダーとスイカバーとガリガリ君が入っていた。
「どれがいい?」
 クヅカは振り向いてにっこりする。
「スイカバー」
「うん、はい」
 僕にスイカバーを渡して、クヅカは自分にガリガリ君を手に取った。
「ありがとう」
「ん」
 クーラーボックスを閉じて、また椅子にする。くっついたクヅカの肩はやっぱり冷たくて、僕は泣きたいような気分になって、けれどスイカバーをかじって何とか我慢した。
「夜とかね、危ないから。……こういうのもうやっちゃダメだよ」
 クヅカがお姉さんぶって言う。それからガリガリ君をガリガリとかじった。僕は言い返そうとしたけれど、でも何も思い浮かばなくて、黙ったまま、スイカバーのチョコの種を奥歯でカシュッと潰した。
「わかった?」
 クヅカは怒ったふうにして僕の顔を覗き込む。
「……ん」
 僕が頷くとクヅカは満足そうに微笑んだ。ふう、と息をついてから顔を上げ、そのまま空を見上げる。僕はスイカバーをもう一口かじる。それから、クヅカと同じように空に顔を向けた。
 夜の空には星があった。襲いかかってきそうなくらいの星空で、それが少し怖くてどきどきした。じっと見つめていると足元が揺れる感じになって、僕はスイカバーを持っていないほうの手で膝をぎゅっとつかんだ。
「怖くない?」
 そっと聞く。
「んー、怖いの?」
 クヅカはのんびりと聞き返した。
「ん……」
「うーん、私はあんまり。……見慣れてるからかな」
「……なんかそれちょっとずるい」
 クヅカは「あはは」と笑って、
「ずるいかなぁ? ずるくないと思うよ」
 食べ終わったアイスバーの棒で、地面に丸とか三角とかを書いた。地面は真っ暗で、ちゃんと書けてるかどうかわからない。クヅカは鼻歌を歌っていた。「それ何?」と聞くと、「サトウチクゼン」と返ってきた。よくわからなかったので、「ふーん」とだけ言って、僕はあんまりちゃんと憶えていないドラえもんを書いた。「おっさんくさいよなぁ」とクヅカは独り言を言う。川の流れる音が聞こえる。虫の音が聞こえる。
 風が吹いているけれど、それでもやっぱり蒸し暑くて、肌がべとついた。クヅカは汗をかいていなくて、それでふっとデパートのマネキン人形が浮かんで、胸の奥がずくんとした。僕はスイカバーの棒を落とし、体を起こして、クヅカのほうに顔を寄せる。
「え? 何?」
 戸惑った様子でクヅカは聞いた。僕は答えず、クヅカの肩に顔をくっつけて、すう、と鼻で息をする。
「え? ちょっと?」
「……クヅカ、ちょっとタンスのにおい」
「ちょっ、何してんの、もう」
 クヅカは肩から僕の顔を引きはがした。それから頬をふくらませて僕をにらみつける。その顔が少しだけ可愛くて、僕は何となく笑ってしまった。
「何笑ってんの? もう、においとかかがないの」
「うん。……でも、けっこう好きなにおい」
 僕がそう言うと、クヅカは戸惑ったように眉を八の字にした。「もう」と言うと、またゲンコツで僕の肩を殴った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。